カクテル

【家飲みカクテルの作り方】スティンガーと今日のおすすめミュージック!

こんにちは、えでゅーです (・ω・)ノシ

今回は、ブランデーをベースにしたカクテル「スティンガー」の作り方を紹介します ヽ(・∀・)

この記事の内容

  • スティンガーの作り方
  • スティンガーに合うかもしれないおつまみとBGMの紹介

スティンガーとは?

「刺すもの」と言う意味の通り、材料のペパーミントによる「刺激」と「清涼感」が特徴のカクテルです。

ペパーミントの主成分ミントオイルには、消化を助ける効果もあり「ディジェスティフ/アフターディナーカクテル」(食後酒)として飲むのがおすすめです。

そんなわけで、スティンガーのテイストは中口で、アルコール度数は25%〜30%。また、ブランデーをウォッカやジンに変えれば、違う風味も楽しめます。

本記事の「甘口・中口・辛口」は、あくまで目安です。辛口は「味が辛い」のではなく「甘くない、アルコール度数が高い(強い)」と言う意味で使います。

ブランデーベースのカクテル一覧

スティンガーの作り方

スティンガーを作るのに必要な道具と材料は下記の通りです。

必要な道具

  • シェーカー
  • カクテル・グラス(グラス)

ちなみにカクテル作りで絶対に揃えておきたい「おすすめのカクテルセット」はこちら。

リンク先はAmazonになります (*´ω`*)ノ
もちろん別のカクテルセットを使ってもOK。ようはカクテルが作れるなら問題ありません。

必要な材料

  • ブランデー
  • ペパーミント(ホワイト)

手順

用意ができたら下記の順に材料をシェーカーに入れてシェークします。

①:ブランデー・・・・・・・・・2/3(40㎖)

②:ペパーミント・・・・・・・・1/3(20㎖)

③:氷・・・・・・・・・・・・・8分目くらい

シェークしたらカクテル・グラスへ注いで完成です。

メジャーカップの計り方一覧表 (・ω・)ノ{クリック

 

表記

分量

メジャーカップの大きさ

1/2

30

小さい方 1杯分

1/3

20

小さい方 2/3

2/3

40

大きい方 1杯分より少なめ

1/4

15

小さい方 1/2

2/4

30

小さい方 1杯分

3/4

45

大きい方 1杯分

1/5

12

小さい方 1/3と少々

2/5

24

小さい方 2/3と少々

3/5

36

大きい方 1/2と少々

4/5

48

大きい方 1と少々

1/6

10

小さい方 1/3

2/6

20

小さい方 2/3

3/6

30

小さい方 1杯分

4/6

40

大きい方 1杯分より少なめ

5/6

50

大きい方 1杯分と少々

シェークの簡単解説

  • 混ざりにくい材料を振って混ぜます。
  • 混ぜる(振る)回数は15〜16回が目安です。

 

カクテルを自宅で作りたい人におすすめ。

リンク先はAmazon。プライム会員なら送料無料です (*´ω`*)ノ

ちなみに「0円で読み放題」の対象にはなっていません(2020/7/1 現在)

スティンガーにおすすめのおつまみ

食後酒と言うこともあり、デザート系との相性も良いです。

特に、ベースとなっているお酒「ブランデー」の定番おつまみの一つが「チョコレート」

もちろん、スティンガーとの相性も抜群です (・∀・)

自宅で食事をしながらカクテルを楽しみたい方は・・・

出前サービスや食材&レシピの揃った宅配サービスがおすすめです。

おすすめの出前サービス
 【a】Uber Eats オーダープログラム

AndroidでUber Eatsをダウンロード
iOSでUber Eatsをダウンロード

 

おすすめの食材配達サービス

カクテルに合うかもしれないおすすめBGM

カクテルに合うかもしれないBGMを僕の独断と偏見で選曲しました (*´ω`*)ノ

アーティスト名:eill      
トラック名:SPOTLIGHT

 まとめ

今回は、ブランデーベースのカクテル「スティンガー」のレシピを紹介しました。あなたも食後のひと時に「スティンガー」の心地よい刺激と清涼感を楽しんでみてはいかがでしょうか。

自宅で軽く一杯飲んで、明日も頑張りましょう!

それでは、また (*´ω`*)ノ

 

注意!

  • お酒は20歳になってから楽しみましょう。
  • 法律違反、迷惑行為、他人に無理やり飲酒を勧める行為は絶対にやめましょう。
  • 飲み過ぎや飲酒による健康被害やその他の影響について当サイトでは一切の責任を負いかねます。
ABOUT ME
えでゅー
地方の広告代理店に勤めながら副業でブログを書いています。ビジネスやライフスタイル、時事ネタなどを個人的な視点でアレコレ好きなようにつぶやいています。

Copyrighted Image